LIMA PERÚ
--------, -- DE ------------
09:39:38 PM
3.242~3.245 PEN
TOKIO JAPÓN
--------, -- DE ------------
11:39:38 AM
112.54~55 JPY
Inicio Nosotros Asociados Actividades Contacto
Inicio / Actividades

新理事おひろめ会スピーチ原稿

皆さん、こんばんは。2016年度に続き、2017年度も日秘商工会の会頭を拝命致しましたペルー三菱商事の堤と申します。

まずはじめに、CCIPJは会員である企業や個人の方々からのお気持ちを集め、4月11日に82,350ソーレスをCaritas del Peruに寄附しましたのでご報告申し上げます。既に雨季が終わり、災害報道もやや鎮静化しつつありますが、本当の災害復興はこれからであり、一日も早い災害復興を祈念します。

さて、本日はご多忙の中、ご参集頂き、誠に有難うございます。株丹 在ペルー日本大使、エスカラ前在日ペルー大使、Luis Vega - Cepeja Peru会長、Jorge Kunigami-APJ会長を始めとして、本日は108名の方々にご来場頂く予定です。

CCIPJは1969年5月23日に発足され、今年は設立から48年目を迎えます。私で23代目の会頭となります。

まずは昨年の活動概要をご報告します。
昨年2016年のCCIPJは毎月理事会/監事会を開催すると共に、9つある委員会を通じて22回のイベントを企画し、述べ711名の皆様にご参加頂きました。また会員向けの日本語やスペイン語による情報発信は合計268回に上りました。

またCCIPJとして日秘租税条約の必要性を訴え、官民合計19通の要望書などを発行すると共に、CepejaやAPJの協力を得て租税条約の必要性を訴える講演も複数回行ないました。結果として両国政府は昨年11月に租税条約締結に向けた交渉を開始することで合意したことは嬉しい限りです。

この嬉しい出来事に満足することなく、まず第一に、2017年は改めてCCIPJの設立理念に立ち戻りたいと思います。その理念とは「日本とペルー両国間の投資・貿易・人的交流の進行を図る為のビジネス環境を整えること」です。具体的には、現在9つある委員会に加え、「ビジネス環境整備委員会」を発足致しました。新しい委員会はCCIPJの会員の意見を取り纏め、それを具体的かつ戦略的な要望として日本とペルーの両政府に対して届けていくことを目的としています。この活動を通じて日本とペルー両国間の投資・貿易・人的交流を推進し、ペルーの国際的な競争力を高め、最終目標は、ペルーのOECD加盟に貢献することです。

第2に、日本への経済視察団の派遣です。CCIPJの観光委員会からの報告では、日本を訪れたペルー人は日本の発展度合、秩序を見てとても感銘を受けるそうです。CCIPJとしては会員企業の皆さんに日本を直接見て頂く機会を創出することで日本とペルーの友好関係の発展に寄与したいと考えます。

最後に、2016年の活動報告、2017年の活動計画について受付に冊子を準備しておりますので、是非ご一読下さい。今後企画される各イベントは昨年リニューアルされたCCIPJのHPでもご案内しておりますので、そちらも是非ご覧ください。

2017年もCCIPJは会員サービスの充実を図って参る所存ですので、本日お集まりの皆様のご協力/ご参加を賜りますようお願い申し上げます。

ご清聴ありがとうございました。